構造解析液晶タッチパネルにタッチした状態の応力解析

  • 液晶タッチパネルの強度検討を行なう際、封止されている液晶の影響が無視出来ない。
  • 液晶の影響を考慮した解析を行ないたいが、構造−流体連成は難易度が高い。
  • 製造工程における封止液晶の体積誤差の影響を事前に考慮したい

ガラスパネルをタッチした際に発生する変形に対しても、封止された液晶の非圧縮性による流体と構造体の相互作用を考慮する必要があります。

下記の事例は静止流体要素を使用したケース、使用しなかったケースの解析結果です。
両者は同じ境界条件での解析ですが、静止流体要素を使用したケースにおいては、流体の圧力により、同じタッチ量であっても、ガラスパネルの発生応力はより大きく、タッチに必要な力はより大きな力が必要な事がわかります。

解析モデル

解析結果


図.液晶パネルをタッチする際の構造解析

解析種類


関連キーワード

関連セミナー


CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ