構造解析キーボードの飛び移り構造解析

  • ゴム(超弾性材料)を使用した解析を行いたい
  • 大きく変形し、接触を伴う解析を行いたい

非線形構造解析には 「材料非線形」 「幾何学的非線形」 「要素非線形」の3つの非線形性があります。ゴムのように大きく変形し、かつ接触を伴う挙動につきましてはこれら全ての非線形性を考慮する必要があります。 例として、キーの押し込みによる変形状態を解析しております。材料特性として超弾性材料を定義しています。キーボードの底面には、剛体面との接触を仮定した境界条件を、上面に強制変位荷重を与えています。

アニメーションは、相当応力のコンターを表示しています。

解析モデル


図.2D キーボードのモデル

解析結果



図.強制変位による相当応力分布

解析種類

関連キーワード

関連セミナー


CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ