構造解析薄板の成形

  • 薄板の曲げの解析を行いたい。
  • 塑性変形させた後の残留応力を確認したい。

本事例では薄板には異方性塑性を考慮し、剛体壁をリモート変位で押し込むことで薄板をU字に変形させております。また、薄板をシェルモデル にてモデリングしている為、上面と下面の両方で接触を取り扱っております。

解析モデル

解析結果

【効果】
シェル要素を利用することで計算コストを大きく下げることが可能となります。

解析種類

関連キーワード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ