構造解析弾塑性材料を考慮したパイプ曲げ解析

  • パイプ曲げ加工の解析を行いたい。
  • 曲げ加工時にパイプに発生する残留応力を観察したい。

パイプ曲げによる応力状態を把握する構造解析の事例です。パイプ部材の材料物性には弾塑性を考慮し、ローラが移動することで、パイプを塑性変形させます。
加工後にローラをパイプから離し、残留応力を観察します。

ANSYSではローラの移動や回転といった複雑な動作を、複数荷重ステップとリモート変位を組み合わせて簡単に定義できます。

ローラを剛体、パイプをシェル要素でモデル化し、さらに1/2対称モデルとすることで、計算コスト低減を図っています。

解析モデル

解析結果

相当応力

図.相当応力
(クリックで動画表示)

塑性ひずみ

図.塑性ひずみ
(クリックで動画表示)

解析種類

関連キーワード

関連セミナー


CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ