連成解析回転導体円盤への誘導加熱解析

  • 渦電流により発生するジュール熱を確認したい。
  • ジュール熱による温度分布を確認したい。
  • 回転体が回転している状態を考慮して解析したい。

回転導体円盤に誘導加熱を与えた際の挙動をシミュレーションした、磁場-伝熱連成解析です。

回転導体円盤の上部にコイルを設置し、そのコイルに交流電流を流し調和磁場解析を実施します。磁場の変化によって導体円盤に渦電流が流れ ジュール熱が発生します。導体円盤は回転体ですので、伝熱解析の設定において物質移送効果を利用し、ジュール熱を熱源として、非定常伝熱解析 を実行します。物質移送効果により、温度分布が移動している様子が伺えます。

解析モデル

回転導体円盤への誘導加熱

解析結果

回転導体円盤への誘導加熱
図. 回転導体円盤への誘導加熱
※画像をクリックしますとアニメーションが見えます

解析種類

関連キーワード

関連セミナー

はじめてのANSYS体験セミナー
はじめての流体構造連成 体験セミナー

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ