FSI 解析(流体-構造連成解析)リメッシング機能と双方向連成解析機能の併用事例

  • 剛性の低い(柔らかい)物質の流れによる変形を模擬したい
  • 変形量の大きい場合の双方向連成解析を実施したい

双方向連成解析はANSYS CFD-Flo/CFX/Fluent、いずれの流体解析ソフトでも可能ですが、Fluentのみ流体解析ソフト単独でリメッシングの機能を利用することができます。
そのため、弁の剛性が低く、大きく変形することが予想される逆止弁のような解析には、Fluentのリメッシング機能と双方向連成機能の併用が有効な手段となります。リメッシング機能を併用することで、流体領域のメッシュ品質を損なうことなく解析を行うことが可能です。

解析結果

リメッシング機能を用いた逆止弁の双方向流体-構造連成解析事例


解析種類

関連キーワード

関連セミナー


CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ