FSI 解析(流体-構造連成解析)燃料タンクのスロッシングに伴う応力解析事例

  • 燃料タンク等、液体容器の強度評価を行いたい
  • スロッシングによる、容器への影響を考慮したい

タンク内部の燃料の流動状態(スロッシング)と、タンク内部の邪魔板にかかる流動力を加味した応力解析を行った事例です。流体解析側では、混相流(多相流)の設定を行っています。
こちらの事例では、双方向流体-構造連成解析の手法を用いていますが、邪魔板の変位量が小さいため、構造から流体への変位量の転送は行っておりません(流体解析での移動変形メッシュの設定は行っていません)。このように、現象や解析目的に応じて双方向連成解析の解析コストを下げることが可能です。

解析結果

タンク内の燃料の流動&タンク内部の邪魔板にかかる応力分布

解析種類


関連キーワード

関連セミナー

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ