FSI 解析(流体-構造連成解析)光学ハウジングの熱応力解析事例

  • 光学素子の運転時における熱ひずみを予測したい
  • 熱ひずみに対してロバストな設計仕様を探索したい
  • 流体解析で算出されたより詳細な温度分布を元に熱応力解析を行いたい

ハウジング及び内部に設置したパーツの熱及び変形問題をシミュレーションした事例です。
流体解析ソフトでは、ポリゴンミラーを高速で回転させると同時に発熱させ、ハウジング内の空気の流れと全体の温度を解析しています。
一方、構造解析では流体解析で得られた温度分布を利用して解析して熱応力解析を実施します。
これらの一連の解析を行うことで、ハウジング全体の熱や反りの問題を包括的に検証することが可能であり、中でも重要なレンズの変形を詳細に解析することが可能です。

解析結果

流体解析で得られた温度分布

流体解析で得た温度分布を使用して熱応力解析を実施

解析種類


関連キーワード

関連セミナー


CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ