疲労解析コンロッドの疲労解析 〜平均応力の影響〜

  • 平均応力の違いにより、どの程度疲労寿命に影響を与えるのかを評価したい。

本解析では、コンロッドに作用する応力負荷が弾性範囲内であることから、応力寿命疲労(高サイクル疲労)の計算を行っています。応力寿命疲労の場合、使用される材料特性はS-N曲線となりますが、ここでは、両振り(応力比R=-1)と片振り(応力比R=0)の複数のS-N曲線データを用いています。

これにより、応力負荷が両振りの場合には、R=-1のS-N曲線、片振りの場合には、R=0のS-N曲線から疲労寿命を予測できます。また、平均応力補正理論として、Goodman、Gerberもサポートされており、それぞれの補正理論を使用した疲労寿命評価を行うことも可能です。

解析モデル


解析モデル、境界条件

応力比依存のS-Nデータ

各種平均応力補正

解析結果


両振り応力負荷結果

片振り応力負荷応力比依存のS-N曲線結果

片振り応力負荷Goodmanの平均応力補正結果

片振り応力負荷Gerberの平均応力補正結果

解析種類

関連キーワード

関連セミナー

過去のセミナー講演資料(ご請求)

ANSYS Convergence (Japan ANSYS Conference)
製品開発における疲労強度評価セミナー
〜疲労強度評価の理論から、実験事例、解析手法まで〜

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ