疲労解析コンロッドの疲労解析 〜形状および材質の影響〜

  • 部品の形状および材質を変更したとき、どの程度疲労寿命に影響があるのかを評価したい。

本解析では、コンロッドに作用する応力負荷が弾性範囲内であることから、応力寿命疲労(高サイクル疲労)の計算を行っています。応力負荷は両 振りとしていますので、平均応力はゼロとなります。本解析では、材料と形状の変更により、どの程度疲労寿命に影響を及ぼしているかを確認しています。
材料変更や形状変更のような設計現場で通常よく発生する設計変更により、疲労寿命がどの程度影響を受けるのかをいち早く確認したいとき、 Workbenchのパラメータ解析がそのまま利用可能なANSYS nCode DesignLifeは非常に有効なツールとなります。

解析モデル


解析モデル、境界条件

解析結果


材料=構造用鋼

材料=構造用鋼、孔あり

材料=アルミニウム

解析種類

関連キーワード

関連セミナー

過去のセミナー講演資料(ご請求)

ANSYS Convergence (Japan ANSYS Conference)
製品開発における疲労強度評価セミナー
〜疲労強度評価の理論から、実験事例、解析手法まで〜

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ