電磁界解析SPMブラシレスDCモータの過渡解析

  • 磁気飽和の影響を考慮したい
  • モーターの回転挙動を考慮した解析を簡単に行いたい
  • トルク・インダクタンス・コアロス特性などモーター性能に関する結果項目を評価したい
  • 電気回路を組み込んでより現実の条件下での挙動を把握したい

SPMブラシレスDCモータ(集中巻きコイル、12スロット、8極)の2次元過渡解析事例です。

コイルモデルに回路エディタで模擬した電流を負荷し、同時にローター回転運動させ、時間に応じたトルクや誘導起電圧を解析した事例です。
ANSYS Maxwellには標準で過渡磁場解析と連成させるための回路エディタ (Maxwell Circuit Editor)が搭載されており、回路でないと表現できないスイッチやダイオード、コンデンサを設置して解析することができます。
また、可動領域を作成し挙動を定義することで、回転・並進運動を行うことが可能です。
これらの機能を用いて、モータの過渡解析を行っています。尚、概要図は360度モデルですが、解析は1/4周期対称モデルにて行っています。

解析モデル

解析結果

Maxwell Circuit Editor で作成した回路モデル

ANSYS MaxwellのQuick Report機能で出力した時間応答グラフ


時間 vs トルク

時間 vs 誘導起電圧

ANSYS Maxwellの電磁界解析により得られた結果


磁束密度分布
クリックで動画を再生

磁束線
クリックで動画を再生

解析種類

対応プロダクト

以下プロダクトを使用


関連キーワード

関連セミナー


CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ