落下・衝突解析鋼管の衝撃解析〜座屈のシミュレーション〜

  • 衝撃の現象を解析したい
  • 座屈の挙動を再現したい
  • どれくらいで座屈が生じるか荷重を知りたい

本事例は鋼管の剛体壁への衝突による変形の様子を解析しています。
解析条件として、モデルは鋼管の1/2対称形状です。また、モデル形状の初期不整として鋼管の一部に微小な凹凸をモデリングしています。また、剛体壁はモデリングせずに片端部を拘束、反対の端部に変位条件で圧縮しています。

解析結果として、塑性ひずみのアニメーションの様子と、固定部の反力のグラフを載せています。アニメーションより座屈変形の様子がわかります。また、反力グラフより最大値は座屈が発生する直前であり、座屈発生に伴い小さくなっていることがわかります。

本事例のように短時間での座屈を含んだ接触問題を陽解法を利用することにより解析しています。

解析モデル


図.解析モデルのメッシュ形状

図.微小な凹凸形状をモデル化

解析結果


図.鋼管の変形
(クリックでアニメーション再生)

図.時間と反力のグラフ

解析種類

対応プロダクト

以下いずれかのライセンスを使用


関連キーワード

 

関連セミナー

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ