回路・システム解析ホットスワップ制御素子を使った事例

  • 設計時にホットプラグのラッシュ電流(突入電流)を見積もり、ホットスワップ制御素子の選定を行いたい設計者

USBやSATAなどのインターフェイスでは、ボードやケーブルを接続する時に通電したまま抜き差しできるホットプラグに対応しています。ホットスワップを実現するためには、ホットスワップ制御ICを使用することでラッシュ電流の発生を防止することができます。
ここではテキサス・インスツルメンツ社のUCC3912を使い、8Vの電圧をかけた時の負荷側の電圧、電流波形を解析しています。

解析結果

解析種類

対応プロダクト

以下のライセンスを使用

関連セミナー


関連キーワード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ