流体解析高度な乱流モデルを用いた非定常乱流現象の可視化事例

  • 乱流流れの渦の形成や、圧力変動を可視化したい
  • 空力騒音の音源を特定したい

キャビティ流れ、ランディングギヤ周りの流れを非定常解析した事例です。こちらの事例では、高度な乱流モデルとしてSASモデルやLESモデルなどを使用して、キャビティ付近の乱流の挙動(圧力や流速の変動)を捉えております。これらの圧力や流速変動は空力騒音の音源や構造物の振動の原因となります。
非定常乱流解析を行うことで乱流の挙動をとらえ、空力騒音の音源や構造物の振動の原因を特定することができます。
また、定常流体解析を行うことでファン騒音を簡易的に予測する機能もございます。

解析結果

Q値の等値面および流速分布

ランディングギヤ周りの音源分布


ファン表面の音源分布


解析種類



関連セミナー



関連キーワード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ