流体解析回路の電流損失による発熱を考慮した熱流体解析事例

  • 回路基板の発熱を含めた熱流体解析を行いたい

こちらの事例はANSYS IcepakANSYS SIwaveを連成させた解析事例になります。ANSYS SIwaveで回路基板の電流損失による発熱を解析し、その発熱量をANSYS Icepakで読込んで熱流体解析を実施しています。
通常、ANSYS IcepakではICパッケージの発熱を考慮した解析を行い、基板の温度分布及び周囲の流れ場の様子を確認します。
ANSYS Icepakに加えANSYS SIwaveを用いますと、ICパッケージの発熱だけでなく、回路基板の発熱も考慮できるため、より実現象に近い温度分布を確認することができ、ICパッケージの発熱量の調整や設置場所の検討に用いることができます。

解析結果

電流分布

回路発熱を考慮しない熱流体解析

回路発熱を考慮した熱流体解析

解析種類

対応プロダクト

以下ライセンスを使用

関連セミナー



関連キーワード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ