流体解析離散要素法(DEM)を用いた気流中の粒子の衝突解析事例

  • 粒子の衝突と周辺流体との相互作用を考慮した粒子挙動を再現したい

衝突や摩擦を加味した粒子流れの解析手法の一つとして、離散要素法(DEM)を利用可能です。こちらの手法を使用することで、周りの流れ場の影響を加味した、粒子一つ一つの挙動を追うことができます。
こちらの事例にあるように、2個の粒子の衝突現象から、複数の粒子からなる流動層の挙動を模擬することができます。

解析結果


解析種類

対応プロダクト

以下のライセンスを使用


関連キーワード


関連セミナー



CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ