流体解析焼却炉(2次燃焼室)の熱流体解析事例

  • 燃焼炉内の温度分布/速度分布/排ガスの濃度分布を把握したい

燃焼炉内の温度分布、濃度分布を解析する事例です。こちらの事例では焼却炉(2次燃焼室)内部の流れ場を解いていますが、幾つかの解析方法が考えられます。
例えば、バーナー近傍にて燃焼反応が完了していると仮定できるのであれば、燃焼排ガス組成を流入条件として与え、炉内での混合状態を解析する方法が取られることがあります。一方、バーナー近傍の詳細な温度分布、濃度分布をみたい場合や、燃焼炉全体で反応が起きていると考えられる場合は、多成分(化学種)流れ解析に、燃焼反応モデルを組み込むことで、より厳密な解析を行うこともできます。

解析モデル

解析結果

主燃焼室からの
排ガスの流線

2次燃焼空気の流線

温度分布

COの濃度分布

解析種類


関連キーワード


関連セミナー



CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ