流体解析流体抵抗を用いた多孔質体内部の流れ場解析事例

  • 多孔質体の流れ場に対する影響を低コストで行いたい

多孔質体内部の流れ場を見る方法として①厳密に多孔質体をモデル化する方法、②流体抵抗モデルを使用する方法、の2通りが考えらます。
これらの方法は、解析目的に応じて選択する必要がありますが、①の方法で局所的な流れ場を計算し、流体抵抗を求め、その結果をもとに②の方法を用いて全体モデルを解析する手法が良く取られます。
こちらのモデルでは一部の領域に流体抵抗を定義することで、多孔質体のモデル化を行っており、それによって圧力分布や流れ場に変化が生じていることを確認することができます。

解析モデル

解析結果


圧力分布

流線

解析種類


関連キーワード


関連セミナー



CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ