音響解析円筒缶による音の散乱シミュレーション

  • 遮蔽物・障害物がある場合には音の伝播が複雑になり、特定位置で音が大きくなるのか小さくなるのか予想が難しい。そのため遮蔽物による音の散乱、低減の様子をシミュレーションしたい
  • 特定位置での音圧や遮蔽物にかかる音圧を取得したい音が伝播していく過程で障害物に当たると、音は反射・拡散します。また障害物は音による圧力を受けて振動します。

本解析では円筒缶について音響と構造の連成解析を実施することで、スピーカから放出した音が円筒缶にあたって反射・拡散すると同時に円筒缶が振動、円筒缶内部にも音が透過している様子がわかります。

解析概要図

解析結果


音の伝播 の様子

解析種類


関連キーワード

関連セミナー

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ