人とくるまのテクノロジー展2016

「つくる情熱を、支える情熱。」をコーポレートメッセージとするサイバネットシステムは、20年以上にわたり幅広い分野の最先端CAEソフトウェアを取り扱って参りました。本展示会ではそのノウハウを活かした、くるまづくりに関連する各種ソリューションをご紹介いたします。
皆様のお越しをお待ちしております。

開催概要 【5/25-5/27 横浜】

名称
自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2016 横浜
AUTOMOTIVE ENGINEERING EXPOSITION
主催
社団法人自動車技術会
会期
2016年5月25日[水]〜 27日[金]
(25日、26日 10:00〜18:00/27日 10:00〜17:00)
会場
パシフィコ横浜展示ホール アクセス
来場対象者
自動車、部品、車体メーカの設計/研究/実験/開発の技術者・研究者、生産技術・品質管理/技術管理/購買部門の担当者、公的研究機関の技術者・研究者、自動車周辺企業の技術関係者、大学/専門学校/工業高校の教職員・学生なども含む
展示規模
550社 1,150小間(予定)
小間番号
178 横浜会場フロアマップ(PDF)

開催概要 【6/29-7/1 名古屋】

名称
自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2016 名古屋
AUTOMOTIVE ENGINEERING EXPOSITION
主催
社団法人自動車技術会
会期
2016年6月29日[水]〜 7月1日[金]
(29日、30日 10:00〜18:00/7月1日 10:00〜17:00)
会場
ポートメッセなごや アクセス
来場対象者
自動車、部品、車体メーカの設計/研究/実験/開発の技術者・研究者、生産技術・品質管理/技術管理/購買部門の担当者、公的研究機関の技術者・研究者、自動車周辺企業の技術関係者、大学/専門学校/工業高校の教職員・学生なども含む
展示規模
300社 700小間(予定)
小間番号
127 名古屋会場フロアマップ(PDF)

展示テーマ 明日の自動車開発に活かせるソリューション

ますます進化する自動車開発では、企画、開発、設計、生産のあらゆる場面で、新たなソリューションが求められています。
複合材やハイテン材など新素材の活用、騒音や快適な照明など車内環境の向上、EMC対策など電子化への対応など多くの課題が存在します。また、従来は個々の領域ごとに進められていた開発・改良を統合し進化させるため、設計、解析、そして製造をシームレスにつなげるための3Dモデル利用や公差マネジメント、更に複合領域モデリング、多目的最適化など次世代の開発プロセスとして期待されています。
その他にも、ARやビッグデータの活用など新たなテクノロジーにも大きな注目が集まっています。サイバネットはCAE活用のリーディングカンパニーとして、これら幅広い領域の最新ソリューションを人とくるまのテクノロジー2016にて皆様にご紹介いたします。

人とくるまのテクノロジー展

横浜会場フロアマップ(PDF)
名古屋会場フロアマップ(PDF)

お問い合わせ:
サイバネットシステム イベント事務局
cybernet-event@cybernet.co.jp

ページTOPへ
Copyright © 2015 CYBERNET SYSTEMS CO.,LTD. All rights reserved.