出展内容

展示テーマ
革新的な製品開発を支援するCAE 〜「つなぐ技術」が未来を拓く〜

 

ますます多様化・複雑化する自動車開発では、企画、設計、開発、生産のあらゆる場面で、様々な技術が求められています。企画・構想段階における、過去の知見や情報資産に基づいたアイデア出し、設計初期段階での車両システム全体を考慮したシステムレベル(1D)シミュレーションの実施、生産技術への構造・流体・電磁場などの3D解析技術の適用など、多種多様な解析技術が使用されており、また、個々のツールをつないだツールチェーンの構築も必要となってきています。本展示会では「つなぐ技術」によって、研究開発から設計・生産にいたる工程で発生する課題を解決するための独自ソリューションを紹介します。

社内と社外の知識・技術・情報をつないで、効率よいアイデア創出へ

社内の【既知の情報】として社内や組織内で持つ知識や情報や、社外の膨大な産業・技術コンテンツ群など【未知の情報】を幅広くリサーチ。既存の枠を超えて、開発・改善のアイデアのヒントを効率よく探すお手伝いをGoldfireがいたします。当日は、デモを中心に自動車とその周辺業界をはじめ製造業での導入事例などもご紹介します。

関連製品:イノベーション支援ソリューション Goldfire

メニューへ

〜センシングからディスプレイまで〜 ADASを支える光学システムの開発に

ADAS(先進運転支援システム)では、(1)周囲の状況を把握し、(2)情報を処理し、(3)運転者に提示する3つの段階が必要です。それぞれの段階で光学システムが重要な位置を占めます。(1)状況把握ではカメラやレーダー、ヘッドランプ、(2)処理では光集積回路や光ネットワークを使った情報転送、(3)提示ではHUDやメーター、ディスプレイが使われます。これら全ての開発に役立つソリューションをご紹介します。

関連製品:センシングからディスプレイまでADASを支える光学システムの課題・解決

メニューへ

設計と解析をシームレスにつなぎ、業務効率化や工数の削減に!

SpaceClaimが設計と解析をシームレスにつなぎます。ANSYS Workbenchとの連携で、パラメータの変更や形状操作を即時に反映します。これをANSYS Workbenchから構造解析や樹脂流動解析など様々な解析に展開することで、業務効率や工数の大幅な削減に貢献します。本展では、デモを中心に自動車部品制作での適用事例をご紹介します。

関連製品:3次元ダイレクトモデラー SpaceClaim

メニューへ

エレクトリカルサインオフ環境による効率的なノイズ対策を実現!

Mentor Graphics社の提供する総合的なサインオフソリューションは、高速基板設計の課題であるノイズの要因はSI/PI/EMIそれぞれの視点からスクリーニングすることで、シミュレーションの負担軽減およびチェック漏れ、設計リスピンを解消し製品開発の品質向上・納期短縮を実現することができます。本展では、直面するノイズ課題に対するソリューションについてご紹介します。

関連製品:電子回路基板設計ソリューション Mentor Graphics

メニューへ

〜Experience System-Level Engineering〜
「メガプラットフォーム戦略」を支えるシステムレベルエンジニアリング

近年の自動車開発における開発者の視点はこれまでの個々のコンポーネントの組み合わせから、メガプラットフォーム戦略を意識したモジュール単位での組み合わせによるシステム全体の成立性・最適化へと大きく変化しています。弊社のご提供する「MapleSim & Optimus」はマルチドメインを考慮したシステムレベルのモデリングからシミュレーションによる特性分析・最適設計、「Maple」のコア技術を活用した様々な検証環境(xILS, VRS)の構築までを強力にサポートします。

関連製品:システムレベルモデリング&シミュレーション MapleSim / 最適設計支援ツール Optimus

メニューへ

〜音響解析ソリューション〜
流体音・振動音をはじめとした、あらゆる騒音問題を検証

快適性を大きく損なう要因となる騒音の制御は、製品の付加価値や差別化を図る上で重要なテーマであり、目に見えない騒音現象の把握(可視化)や施策の検討にCAEが広く活用されています。本展では 音響解析ソフトウェア WAONを中心に、様々な物理現象やそれらを組み合わせた連成解析も得意なANSYSとの連携による流体音、振動音解析を事例と共にご紹介します。

関連製品:音響解析ソフトウェア WAON / 有限要素法マルチフィジックス解析ツール ANSYS

メニューへ

ビッグデータの可視化が検証結果と設計をつなぐ!

測定機器の性能・精度向上により、実験で得られるデータも日々膨大になります。そうして得た【ビッグデータ】をtoorPIAのエンジンが素早く解析して可視化(=マッピング)します。数値データを読み解くよりもその分布状況を見ることで傾向や気付きを掴みやすくなり、解析・設計への迅速なフィードバックへつなげます。本展では、道路路面調査での適用例をご紹介します。

関連製品:ビッグデータ可視化エンジン toorPIA

メニューへ

〜複合材解析ソリューション〜
CFRP量産化に向けた成形プロセス検討と強度予測

量産車への展開が期待されるCFRP(炭素繊維強化プラスチック)ですが、課題と言われるコスト削減には「どのような材料・装置を使うか」を決める成形加工プロセスの検討が重要となります。本展では、CFRP量産化のカギを握る成形加工プロセスの検討や強度予測が可能なCAE統合システムをご紹介します。

関連製品:有限要素法マルチフィジックス解析ツール ANSYS / ANSYS Workbench版 射出成形CAEシステム Planets] / マルチスケール解析ツール Multiscale.Sim

メニューへ

〜自動車部品成形ソリューション〜 
生産性向上に貢献する型方案の検討手法

自動車業界の生産技術分野におけるCAE積極活用のメリットについて、事例を中心に紹介します。主に自動車部品から精密機器部品まで、プレス部品の金型設計においてトライアンドエラー回数を削減し、高精度な成形性評価やスプリングバック予測を可能とするソリューションやツールの活用法をご紹介します。

関連製品:板成形シミュレーション統合システム eta/DYNAFORM

メニューへ

公差マネジメントによる図面品質の向上

3次元公差マネジメントツール「CETOL 6σ」は、3次元CADの中で公差設計を行える環境を提供することで、世界中のものづくりの現場で、製造コストの削減や品質向上に貢献しています。また、設計手法や調達環境の変化が著しい近年は、CETOL 6σが提供する情報を通じて「図面の品質そのものを向上させる(=どこで作っても同じ品質を管理できる状態の図面を作る)」という、”公差解析ツール”ではなくより広い意味での”設計ツール”としての活用に期待が寄せられています。

関連製品:3次元公差マネジメントツール CETOL 6σ

メニューへ

ポスト処理で設計・解析・実験をつなぐ! 
〜解析結果で情報伝達や意思疎通をスムーズに〜

解析結果を数値だけでなく、3次元形状でフィードバックすることで設計者と解析者、解析者と実験者の情報伝達や意思疎通がスムーズに!EnSightは3次元アニメーションを簡単に作成することができます。また、並列処理機能で大規模データでも効率的に処理が可能です。本展では、工数削減を可能にするポスト処理の事例をご紹介します。

関連製品:汎用ポストプロセッサー EnSight

メニューへ

自動車技術を支えるひとづくり 
〜実験とシミュレーションをつなぐCAE技術教育〜

CAEを活用するためにはそのための人材教育も重要です。実験とCAEのつながりを体感して理解するCAE技術教育講座「FEM実験室」の機材展示を中心に各種CAE技術教育をご紹介します。また自社製品を利用して実験〜解析〜報告会までを実施する体験型設計教育「CAEワークショップ」をホンダロック様にて導入した事例をパネルにてご紹介します。

関連製品:CAEユニバーシティ

メニューへ

Copyright © 2009 CYBERNET SYSTEMS CO.,LTD. All rights reserved.