ブースマップ

出展内容(製品ロゴをクリックすると各製品ページをご覧いただけます)

電気自動車開発ソリューション

製品ロゴ:Matlab&Simulink

充電池システム開発向けのソリューション紹介

近年、環境問題や省エネルギー対策のため、自動車や情報機器など様々な分野で、充電池制御の重要性が増しています。充電池制御系の開発においてもモデルベース開発は開発期間短縮のソリューションとして注目されています。本コーナーでは、充電池開発に携わるエンジニア向けに、MATLABプロダクトが提供するソリューション例として、次の3つをご紹介いたします。

  • 電気要素部品による図的な充電池モデリング
  • マルチコアプロセッサによる高速な充電池パラメータの推定
  • HEVの例を用いた充電池を含むシステムレベルシミュレーション

製品イメージ:MATLAB/Simulink

メニューへ

製品ロゴ:FClib

燃料電池システムライブラリ

MATLAB/Simulink環境下で燃料電池システムをモデリングし、効率的に燃料電池システムの制御系設計やHILSによる設計検証を行うことができる包括的なシステム「FClib」をご紹介いたします。

製品イメージ:FClib

メニューへ

製品ロゴ:Matlab&Simulink

モデルベース開発によるブラシレスDCモータの制御器開発

モデルベース開発(MBD)の流れである、「シミュレーション検証」、「ラピッドプロトタイピング」、「モデルからの自動生成コードのマイコン実装」の工程でブラシレスDCモータ制御器を開発しました。本コーナーでは、ベクトル制御モデルのシミュレーション、その補償器モデルからのコード生成、マイコンICE環境を使った実機の駆動を展示します。机上シミュレーションから実現レベルへ移行する際のヒントになる内容です。

製品イメージ:MATLAB/Simulink

メニューへ

製品ロゴ:Matlab&Simulink

自動車関連画像処理システムの開発と検証

本コーナーでは画像処理システムを短時間かつ低コストで開発できる「MATLAB/Simulink」の環境を展示します。各種自動車関連の画像アルゴリズム開発から、カメラを使った動作検証までの内容が含まれています。標識認識、車線認識、振動補正、ステレオ処理(障害物までの距離を推測する技術)などの例を通じて、画像処理関連プロダクトをご紹介するコーナーです。

製品イメージ:MATLAB/Simulink

メニューへ

製品ロゴ:Matlab&Simulink

モデルベースデザインを適用した組み込みシステム開発

LEGO® MINDSTRMS® NXTを対象に、Simulink/Stateflow/Real-Time Workshop Embedded Coderを使用したモデルベース開発(MBD)を分かりやすく紹介しています。今年は2輪型倒立振子ロボット、ラジコン自動車を展示します。

製品イメージ:MATLAB/Simulink

メニューへ

製品ロゴ:MappleSim

複合物理モデリング環境

「MapleSim」は、数式処理エンジン「Maple」をベースとした複合領域モデリング・シミュレーション環境です。直感的なGUI操作で電気や機構、熱といった複合領域にまたがる物理モデルを作成することができ、そのモデルの方程式を自動で生成します。本コーナーでは、MATLAB/Simulink と連携した理論解析・数式によるプラントモデル設計ソリューションをご紹介いたします。

製品イメージ:MapleSim

メニューへ

製品ロゴ:ExpertControl

Simulinkモデル管理ツール

ExpertControl 社製品の「ecVERSIM」は、Simulinkモデルを複数人による同時並行開発環境で利用するための開発支援ユーティリティです。サブシステム単位でのロック(排他制限)・編集や、ユーザ管理を実現し、大規模なSimulinkモデルの開発環境を効率よく管理します。また、オプション製品の「ecDIFF」を用いることで、モデルのグラフィカルな差分解析もシームレスに実現します。

製品イメージ:ExpertControl

メニューへ

製品ロゴ:Anybody

筋骨格モデリング・シミュレーション

「AnyBody Modeling System」は、運動に伴う人体の筋肉・関節・骨格の動きを解析し、自動車や医療などさまざまな分野のプロダクトデザインを支援するソフトウェアです。本コーナーでは、AnyBodyを中心とした人間工学、バイオメカトロニクス分野でのマルチソリューション事例をご紹介いたします。

製品イメージ:AnyBody

メニューへ

製品ロゴ:Speedgoat

Simulinkを用いた実機検証環境

Speedgoat社の「Real-time Target Machineシリーズ」は、自動車開発や、航空宇宙、ロボット開発や医療機器等、さまざまな用途で利用されるターゲットコンピュータです。MathWorks社のxPC Target製品に対応したラピッドプロトタイピングやHardware-in-the-loop(HIL)アプリケーションに対応した広範囲のハードウェアを提供しています。本コーナーでは、PerformanceとMobileシリーズのデモをご覧いただけます。

製品イメージ:Speedgoat

メニューへ

製品ロゴ:LYRTECH

信号処理アルゴリズム開発環境

「SignalMasterシリーズ」は、信号処理アルゴリズム開発のための統合開発環境です。MATLAB/Simulinkと、Code Composer Studio(Texas Instruments社)、ISE Foundation、System Generator for DSP(Xilinx社)等を連携し、ハードウェアへの自動実装が可能なハードウェア及びソフトウェア製品をご提供いたします。

製品イメージ:SignaMaster

メニューへ

製品ロゴ:ANSYS

マルチフィジックス解析

「ANSYS」は構造/伝熱/電磁場/圧電/熱流体/音響/衝突およびこれらを組み合わせた高度な連成問題を解くことができる、有限要素法解析プログラムです。設計者にも扱いやすい操作環境を備え、世界トップクラスの導入実績を持っています。自動車分野では搭載されるECUの熱問題や振動問題、空気抵抗における流体問題、今後のエコカー開発で避けられない部品の軽量化と強度の問題などに活用が可能で、試作回数低減・コスト削減・品質向上を実現します。

製品イメージ:ANSYS

メニューへ

製品ロゴ:WAON

大規模音響解析

「WAON」は高速多重極境界要素法(FMBEM)ソルバーを世界に先駆けて搭載した音響解析ソフトウェアです。FMBEMソルバーは境界要素法(BEM)に比べ、極端に少ないメモリ量で効率よく計算が可能なため、従来不可能であった大規模、高周波数領域の音響解析が可能です。自動車の車室内音場、エンジン放射音など様々な音響解析に適用が可能です。また音響−構造連成解析機能も搭載し、より広範な解析が可能です。

製品イメージ:WAON

メニューへ

製品ロゴ:eta/dynaform

板成形解析

「eta/DYNAFORM」は、自動車の車体パネルなどに代表される複雑な形状をもつ薄板のプレス加工において、その成形プロセスの事前検証や金型の設計及び生成が行える板成形解析ソフトウェアです。ソルバーには衝突/落下解析で定評のある「LS-DYNA」を搭載。スプリングバックの高精度化や製品の搬送・金型疲労解析など一連のプロセスシミュレーションにも積極的に取り組んでいます。今後ますます複雑化及び高度化する板成形プロセスの事前検証や金型生成のコスト削減に必要不可欠なシミュレーションツールです。

製品イメージ:eta/dynaform

メニューへ

製品ロゴ:OPTIMUS

最適設計支援ツール

CAEを用いた設計の効率化へのニーズは、近年一層高まっています。限られた時間の中で多くの解析を実行し、品質を高める取り組みはCAEをお使いの方にとって避けられない問題です。本コーナーでご紹介する「OPTIMUS」の自動化・分散処理機能は、解析の効率化を実現し、設計空間の把握、最適化、ロバスト・信頼性機能で品質向上に大きく貢献するソリューションです。CAEを用いた設計を、最先端のツールで更にステップアップさせたい方に最適のツールです。

製品イメージ:OPTIMUS

メニューへ

製品ロゴ:CETOL6

3次元公差マネジメントツール

製品開発プロセスにおいて公差の検討を行うタイミングは様々です。「CETOL6σ」は、3次元CADに完全アドインして公差解析を実施し、容易に設計の妥当性の確認しながら業務を進めることが可能です。3次元データを使った公差解析が可能なため視覚的な結果の確認ができ、生産技術や設計部門などで公差解析の結果を共有しつつ、寸法・角度・公差などものづくり現場の問題をスピーディに解決します。高い精度と低コストの双方が求められる自動車業界の設計に最適なツールです。

製品イメージ:CETOL

メニューへ

製品ロゴ:LightTools

照明設計解析ソフトウェア

近年の自動車照明は安全性や快適性、意匠性を満たすための光の制御がより複雑化しており、これまで以上に高度な技術が求められています。「LightTools」は、それらのニーズに対応した照明設計解析ソフトウェアです。その最大の特徴である「最適化機能」を使用することにより、配光可変型前照灯やナイトビジョンシステムなどの安全性を重視した機能や、快適な室内空間を演出するルームランプなど、設計開発の大幅な効率化を図ることができます。 新バージョンでは「Solidworksリンクモジュール」も搭載されました。

製品イメージ:LightTools

メニューへ

製品ロゴ:ProMetric

輝度・照度・色度測定システム

CCDを用いた「ProMetric」は、スピードメータの輝度・色度、ヘッドランプや車内照明の照度測定が可能な測定システムです。ムラの評価や指定ポイントの数値出力などの機能を備え、ドライバー目線での評価など用途に応じた測定・評価が行えるため、業務の幅と質が広がります。

製品イメージ:ProMetric

メニューへ

製品ロゴ:IS-LI TE

高速配光測定システム

メータパネルやヘッドランプに使用されるLEDは、高速配光測定システム「Imaging Sphere」でも測定可能です。昨年にはLEDなどのΦ10mm以下の光源を対象にしたコンパクトなファーフィールド測定システム「IS-LI TE」もリリースされました。測定データはLightTools等の照明設計解析ソフトウェア用に出力することも可能です。

製品イメージ:IS-LI TE

メニューへ

製品ロゴ:Goldfire Innovator

イノベーション支援ソリューション

世界中の経済情勢が不安定な今求められているのは、継続的にイノベーションを生み出し、企業のあらゆる場面でピンチをチャンスに変えられる環境です。本コーナーでご紹介するのは、ものづくり現場における様々な課題の基本構造を分析し、膨大な独自の知識ベースから最適な解決策を導くイノベーション支援ツールです。「今まで」を覆すアイディアやコンセプトをどのように活用し、持続的なイノベーションに貢献できるかを、事例を交えてご紹介いたします。

製品イメージ:Goldfire

メニューへ

製品ロゴ:epiplex

体験型マニュアル作成ツール

CAEツールは使いこなしてこそ、その真価を発揮します。しかし従来の集合教育やOJTでは短期間で効率よくツール操作を習得するには至りませんでした。「epiplex」は「体験型マニュアル」という概念を持ち込むことで、上級者の操作を実際になぞって覚えられるという画期的なツール教育方法をご提案いたします。

製品イメージ:epiplex

メニューへ

ページTOPへ
Copyright © 2009 CYBERNET SYSTEMS CO.,LTD. All rights reserved.